skip to Main Content

BC-STYLEでは、目的に応じた反響のあるウェブサイトを構築します(ホームページ制作全般)

反響あるホームページ

反響あるホームページにするために

私たちは今まで「売れない、反応がない」とご相談を受けた企業のホームページを再構築して参りましたが、何れもその原因となる共通の原因がございました。デザイン性に優れていても、それ以前に「ターゲットに何をどう訴えそのユーザーにどのような行動を起こしてもらいたいのか」などのベースとなる柱の部分が不明瞭でした。その柱となる部分を明確化することによって、ホームページの方向性がハッキリとして、同業他社との差別化が図れます。

SEO対策を万全に

SEO対策でアクセス数拡大

ホームページのアクセス数が少ない原因のひとつとして、GoogleやYahooなどの検索エンジンで、希望ているキーワードの検索結果で上位表示されないことがあげられます。検索エンジンからユーザーに自社のホームページを知ってもらうことは、アクセス増加のためにとても重要です。また、上位表示されているにもかかわらず、反響がいまひとつなのはキーワードとリンク先ページに原因がある場合が多いです。弊社では、上位表示させたいキーワードとウェブページの正合成を図りコンバージョンに繋がるSEO対策を行います。

ホームページの更新

公開してからがスタート

B to BやB to Cを目的としてホームページを立ち上げ後、そのホームページの更新が頻繁に行わなくては反響を得るのは難しいです。ホームページは印刷物とは違って「完成したら終了」ではありません。公開してからがスタートです。ターゲットとしているユーザーに対して常に魅力ある情報発信を行い心を掴むことが重要です。そして、アクセスログ解析によりユーザーの動向を把握し、それをナビゲータとしてページの修正や更新を行い、コンバージョンにアップを図る努力が必要です。このような日々の努力を積み重ねによりホームページの目的が達成されるのです。

BC-STYLEの目的

ホームページの目的達成

弊社では、特にホームページに関しての専門部署をお持ちでない、または日常業務がご多忙でホームページにまで手が回らないという企業に対し、ホームページを制作するだけではなく、御社に代わってホームページによる集客や反響拡大を行います。ホームページには、通信販売、販路拡大、リアル店舗への集客等々何らかの目的があるはずです。弊社は御社目的と御社のことを十分理解した上で、目的達成するための全面的なサポートを行います。

ウェブサイトのことなら当社にお任せください!

ホームページの新規立ち上げやリニューアルをご検討であれば、是非当社にお声がけください。御社の強みを十分生かせ、ターゲットとなるユーザーにアピールするホームページを制作します。それはデザイン面だけでは無く、コンテンツ作りから写真撮影まで弊社は御社の一部分となり進めます。また、その後の運営管理も行います。ご相談でも結構です、先ずはお問い合わせください。お待ちしております。

Team BC-STYLE
MIKA

MIKA

ウェブデザイナー
女性ならではの視線で、お客様の魅力を最大限生かせるよういつも心がけています。ユーザーに心に響くデザインを目指しています。

奥山 ゆうき

奥山 ゆうき

ウェブデザイナー・コーダー
インターネット先進国のアメリカで8年間学び、2000年代より企業にてコーポレートサイト制作を担当後、独立。現在は企業や団体等のWEBサイトデザイン・コーディング、ECサイト管理を多数担う。

伊東  昌信

伊東  昌信

フォトグラファー
クライアントの意向に沿った写真を心がけ、人物、建築物、料理、医療系、などなど様々なジャンルでの撮影に携わる。中でも、得意分野は人物。

宮西 宏幸

宮西 宏幸

ウェブプロデューサー
1993年にインターネットの産声が上がり、それ以降猛烈なスピードで発展と技術的な淘汰を繰り返し、現在に至っております。私はこの歴史と共にWEB SITE構築、SEO、マーケティングに携わってまいりました。

野網  美帆子

野網  美帆子

中小企業診断士
Amazonベストセラー1位(中小企業診断士の資格・検定カテゴリ)の著書を持つ、文章力に定評のあるコンサルタント。
ホームページ作成に活用できる補助金の申請サポートも行っている。

松倉 淳

松倉 淳

フォトグラファー
高いコミュニケーションスキルとユーモアで被写体の核心となる想いを写す。
得意分野はウェディング、ポートレート、建築物。コンセプチュアルな作品を生み出す力で注目される

ウェブサイト(ホームページ)に関してのご相談を承ります

是非お問い合わせください。適切な回答をいたします。

  1. 既にホームページを開設しているが、アクセス数が少ないなど様々な問題を抱えている。
  2. 自社内でウェブ担当者が不在のため日々の更新がタイムリーにできない。
  3. ホームページのリニューアルを検討している。
  4. 新規でホームページを作りたい。
  5. ホームページ開設後、色々と努力はしているが、問題点がわからない。
  6. 日々の業務が多忙でホームページまで手が回らない。
  7. 他、インターネットに関して問題を抱えている。
最近の投稿
Back To Top