メイン コンテンツにスキップ

SEO対策
(検索エンジン最適化)

SEO対策は必須

1.SEO対策とは

SEO対策という言葉を一度は耳にされたことがあるでしょう。ここで少しSEO対策とは何かをご説明したいと思います。SEO対策のことを良くご存じであれば読み飛ばしてください。

インターネット上で何かを探したいときに、Google、Yahoo、Bing、他などの(検索エンジン)ホームページの検索窓に目的のキーワードを入力して検索し、その検索結果が上から順番に表示されます。(最上段から2から3目までは広告です)このとき皆様の多くは上から順番に見ていかれるでしょう。これが検索結果の5ページ目や10ページ目に表示されていたら余程時間があるとき以外、閲覧することは無いと思います。

ですので、できるだけ検索結果の上位に自社のホームページの紹介を表示させることが重要となります。

このようにインターネットユーザーが、Googleなどの検索エンジンを利用して特定のキーワードで検索した場合、その検索結果に自社のホームページを上位表示させるためにそのホームページを最適化することをSEO対策といいます。(Search Engine Optimization 検索エンジン最適化)

2.検索エンジンの目的を知る

社内データ調査では、国内検索エンジンでトップシェアを持っているのがGoogleの約77%です。次にYahooが約18%(現在YahooはGoogleの検索エンジンを使用しています)占めており、マイクロソフトのBingをはじめ、その他の検索エンジンのシェアは数パーセントに止まっています。

この様な状況を見ますと、Googleに対してホームページを最適化することはとても重要なこととなります。

どうやってGoogleに対してSEO対策をするのか?

結論から言いますと、ユーザーが検索したキーワードに対して、十分満足してくれる内容のホームページを作り上げることです。具体的に言うと、上位表示させたいキーワードに関する情報を徹底的に充実させます。

Googleのメイン収入源は広告収入です。多くのユーザーにGoogleの検索エンジを使用してもらい、検索結果に広告を出しそれをユーザーがクリックすることで広告収入が得られるわけです。ですので、Googleは多くのユーザーにGoogle検索を利用して欲しいのです。しかし、仮に検索キーワードに内容の薄い又は検索したキーワードと関係のないページが上位表示されたりすれば、ユーザーは不満に思いGoogle検索を使おうとはしなくなるでしょう。それはイコールGoogleの広告収入を下げることに繋がります。

Googleは常にユーザーに満足してもらえる検索結果を出すことに注力しています。ホームページを公開する側はこのことを重視して、上位表示させたいキーワードに対して常にユーザー視点に立ち満足してもらえるページコンテンツ(内容)にすることを意識しなければなりません。

3.上位表示だけを目的に
SEO対策を行うと失敗する

Googleなどの検索エンジンは、どのようにすれば検索結果で上位表示されるのか、その内容は一切教えてくれません。そのため、SEO業者(上位表示させることを専門とした業者)をはじめ、インターネット業界では様々な方法を使いSEO対策を行っています。その中には検索エンジンを欺くことで上位表示させるような手法(ブラックハットSEO)もあります。

しかし、このような手法をとると、一時的に検索結果に上位表示されたとしても、検索エンジン側で順位を決定する判断基準が変更(アルゴリズムの変更)されると,ペナルティが課せられ一気に順位を落としたり、最悪の場合は検索エンジンからそのホームページの登録が抹消されます。

4.SEO対策の目的は
獲得する成果です

検索結果で上位表示させて、それによりホームページのアクセス数が増加したとしても、肝心なことはホームページに訪問してくれたユーザーに行動(購入や問い合わせなどホームページ開設者側の目的達成)を起こしてもららうことです。SEO対策の目的は、検索結果に上位表示させ、その後の成果をどれだけ獲得するかなのです。

弊社でのSEO対策について

ユーザー視点を重要視した
SEO対策

私共は、インターネット上に検索エンジンが出始めた頃より様々な手法でSEO対策を行ってきました。しかし、先に述べましたように、検索エンジン側で順位を決定する判断基準が変更(アルゴリズムの変更)されると、一気に順位を落とすという結果に陥ることがしばしば発生しました。これは故意ではなくともブラックハットSEOを行っていたことになっていたのです。

このようなことを解決するために15年前にSEO対策の抜本的な見直しを行いました。それはホワイトハットSEOと言われる方法です。
ブラックハットSEO:検索エンジンのアルゴリズム(順位を決定する計算方法)を欺き順位を上げるSEO対策のこと

Googleなどは順位を決定する判断基準の明細までは教えてくれませんが、技術的なガイドラインを公開しています。このガイドラインに沿ったSEO対策を行い、それを手助けしてくれるGoogle Search Consoleを活用すると有効です。

しかし、ここで注意すべきことは技術的なSEO対策に偏らず、ホームページにユーザーが求めている情報やこちらが提供する有益な情報・サービスなどをコンテンツとして作り上げることを同時に行わないとSEO対策の効果が出ません。

私共のSEO対策の目的は、検索結果で上位表示させることのみを重視するのではなく、検索結果から訪問してくれたユーザーに満足してもらい、そして行動を起こしてもらうことが最も重要だと考えております。

新規・既存のどちらのホームページでもSEO対策を行います

新規ホームページ制作依頼の場合

    • ホームページを制作する前に、各ページのコンテンツを決定し、そのコンテンツに応じたキーワードを決定してから文章を作製していきます。ここで重要なのは、キーワードが先に来るのではなく、コンテンツが先です。具体的に言いますと、例えばキーワード「赤ワイン」で上位表示させたい場合、ページに赤ワインの情報が無い若しくは乏しいと、そのページのSEO対策はできないということです。

既存ホームページのSEO対策
全ページのコンテンツを全て整理し再構築します。それはコンテンツの入れ替えや差し替え、文章の書き直しなどを行います。大幅な改良を行い上位表示目指します。

SEO対策の費用について

弊社では、Googleアルゴリズム(検索結果を判断するプログラム)の変更に左右されないコンテンツ重視のSEO対策を行うため、ページボリュームにより価格差が出ますので先ず御社の現在のホームページを分析させていただいた後、お見積書を提出させていただきます。

ホームページに関しての
ご相談を承ります

お気軽にお問い合わせください。

  1. 既にホームページを開設しているが、「反応が無い」、「売れない」など問題を抱えている。
  2. 自社内でウェブ担当者が不在のため日々の更新がタイムリーにできない。
  3. ホームページのリニューアルを検討しているがどこに依頼して良いか判断が付かない。
  4. 日々の業務が多忙でホームページまで手が回らない。
  5. 新規でホームページを作りたいが、どこから始めたら良いか、誰に聞けばよいかわからない。

最近の投稿

トップへ戻る